障害者施策推進協議会

きょう29日15時30分から「平成29年度第1回井原市障害者施策推進協議会」(写真上)が開催され傍聴しました。まず最初に瀧本市長が落合井原市障害者施策推進協議会会長にて「井原市障害者福祉計画・障害児福祉計画・障害福祉計画策定について」諮問(写真下)しました。

そのあと議事に入り、①井原市障害者福祉計画・障害児福祉計画・障害福祉計画策定の基本方針 ②計画策定の推進体制及びスケジュールについて ③アンケート調査(案)の実施について事務局から説明を受け、それぞれについて質疑や意見等が出されました。特にアンケートについては詳しく説明され、様々な意見等が出されました。同計画等に対する推進体制や策定スケジュールで下記の資料が出されました。


新議員に聞く(井原放送)

きのう28日(日)18時20分から井原放送で「新議員に聞く」という番組が放映されました。この度の市議選で当選した20名の議員が、①市政に対する抱負 ②4年間で具体的に取り組みたい活動 ③座右の銘 の3点を4分以内で話すことになっていました。議席順に放映され、短い人は1分ほどの議員もおられましたが、私は4分いっぱいに使わせていただきました。市民の方々がこの番組を観られてどう感じられたでしょうか・・・・・。写真は井原放送より。


しんぶん赤旗読者ニュース「きずな」2017年5月25日第1118号

23日(火)午前10時から、井原市民会館で遺族の方々の参加の中、無宗教形式で「平成29年度井原市戦没者追悼式」がしめやかに且つ厳粛に行われました。

しんぶん赤旗読者ニュース「きずな17年05月25日1118号 (戦没者追悼式  入札(4月後半)

 


さつき展

きょう27日(土)から6月2日(金)まで井原線井原駅構内で「第52回さつき展」(写真)が開催されています。「今年の咲き具合はまずまず」だそうです。皆さん美しい「さつき」を観に行ってください。


市有功表彰

きょう26日午前10時から井原市役所4階大会議室で「平成29年度 井原市有功表彰式」が関係者の出席の下厳粛に行われました。 受賞者3名は、井原市民生委員児童委員として、多年にわたり豊富な知識と経験を持って地域住民の福祉の増進に尽くされ、市民福祉の向上に寄与されたことにより表彰されました。 受賞者3名に瀧本市長がそれぞれ表彰状と記念品を贈呈しました。 市長あいさつのあと、西田市議会議長らが来賓のあいさつをしました。 続いて受賞者を代表して藤原俶子氏が謝辞を述べました。表彰式終了後記念撮影(写真)を行いました。詳しくは6月1日付け しんぶん赤旗読者ニュース「きずな」をご覧ください。


市国保運協

きょう25日15時30分より平成29年度第1回井原市国民健康保険運営協議会(市国保運協)が開催され傍聴しました。きょうの会議では、正副会長の選出を行い、熊原会長、倉橋副会長が再選され、それぞれ就任のあいさつ(写真)をしましたました。任期は平成29年5月1日から2年間。次に事務局から「市長の専決処分した井原市国民健康保険条例の一部を改正する条例について」の説明と質疑がありました。

最後にその他で平成30年4月から国民健康保険制度がこれまでの市町村に加えて県が関わることになり、この準備内容やスケジュールなどを事務局が下記のパンフレットに沿って報告した後質疑をしました。


しんぶん赤旗日刊紙「主張」

2017年5月24日(水)

主張

「共謀罪」法案攻防

強権で「監視社会」進める異常

憲法が保障する思想・良心の自由を侵害する「共謀罪」法案をめぐる自民、公明の与党と日本維新の会の強権的な国会運営は、異常という他ありません。審議のたびに新たな疑問や論点が出てくるのに金田勝年法相の迷走答弁などで議論がかみあわないまま衆院法務委員会で強行採決し、野党の反対を無視して衆院本会議を開き、可決を押し切る―。「内心」を処罰する重大法案を、乱暴極まるやり方でしか押し通せないこと自体、「共謀罪」法案の危険と矛盾を示しています。もの言えぬ監視社会づくりを推進する安倍晋三政権の暴走を阻むたたかいが急務です。

異論封じの姿勢際立つ

与党や維新は法案の衆院での審議は尽くされたといいますが、そんな言い分はとても通用しません。法案の実質審議が4月中旬から委員会で始まって1カ月―。はっきりしてきたことは、政府のいうような法案導入の理由は全くなく、むしろ「心の中」を取り締まる法案がもたらす危険な実態です。 続きを読む


写真展

きのう23日(火)から28日(日)の間、アクティブライフ井原1階「ふれあいプラザ」で井原市文化協会写真部、同写真教室と全日本写真連盟井原支部主催の「平成29年度 写真展」(写真)が開催されています。毎回、春・夏・秋・冬の素晴らしい景色もそうですが、多くの作品にみられる、人や動物の動きの瞬間・瞬間や表情をとらえている作品には感動します。出展者も知ってる方が多く、より親しみを感じる写真展です。また、全国の優秀作品も同時展示されており、めったに観れない写真展です。是非足をお運びください。


井原市戦没者追悼式

きょう23日(火)午前10時から、井原市民会館で遺族347名の参加の中、無宗教形式で「平成29年度井原市戦没者追悼式」がしめやかに且つ厳粛に行われました。私は来賓として出席しました。 瀧本豊文井原市長が主催者を代表して式辞を述べ、西田久志井原市議会議長ら来賓の追悼のことばのあと、参加者全員が菊を献花(写真)して戦没者を追悼しました。式は約1時間余りで終わりました。詳細は、5月25日付しんぶん赤旗読者ニュース「きずな」をご覧ください。


市役所本庁舎前の花壇

きょう22日井原市役所へ行きましたら、玄関前の左右にある円形の花壇の植え替えが先日行われ綺麗になっていました(写真)。この花壇は井原高校の園芸課の生徒さんが国際ソロプチミスト井原から依頼され、今の時期植え替えているものです。大変爽やかな鉢で、来庁者の心を和ませています。