日記帳」カテゴリーアーカイブ

井原市議会2月定例会の議案書を目通し

きのう(15日)井原市議会2月定例会の議案書が手元に届きましたので、18日(月)13時30分からの議案説明会での説明内容の理解が少しでも深まればときょう・あすで大雑把に目通ししております。

井原市議会2月定例会の新年度予算書が届く

2月25日から始まる井原市議会2月定例会で上程される新年度(平成31年度)予算案のすべてが、われわれ議員の手元に本日(15日)届きました。いよいよ議会が始まるんだなーと身が引き締まる思いで受け取りました。

今後の議会の流れは、18日(月)13時30分から、担当部課長によって、この度上程される議案の内容説明があります。そして19日(火)の午前10時までに、この度一般質問する議員が「発言通告書」を議長あてに提出します。10時が締切なので10時の時点で何人が質問するか確定します。これを受けて同日14時から議会運営委員会が開かれ、2月議会の本日程の決定、上程される議案や請願の取扱い、質問議員の質問の順番をくじ引きで決定するなどを協議します。

そしていよいよ25日(月)に市議会開会。市長の新年度の市政運営に関する所信表明演説などが行われ、これを受けて27日(水)から質問戦に入ります。閉会は3月18日(月)までの24日間です。

市健康づくり推進協議会

14日13時30分より井原市役所で「平成30年度第2回井原市健康づくり推進協議会」(写真)が開催され傍聴しました。

協議は(1)平成30年度井原市保健事業の実施状況について事務局から報告がありました。同年の実施状況の報告のあと、6項目の対策事業の詳細が報告され質疑されました。活発な質疑や提案などが行われました。

(2)として下記平成31年度井原市保健事業計画(案)が示され、しゅうせきしゃ出席者全員が確認し散会しました。

 

公共交通会議

12日の10時より井原市役所5階で「第4回井原市公共交通会議」(写真)が開催され傍聴しました。

会議は先ず事務局から、前回の会議内容の概要報告に続いて、井原市地域公共交通網形成計画の実施状況について報告がありました。引き続き協議に入り、①運行見直し基準に基づく路線・ダイヤの見直しについて ②自家用有償旅客運送(芳井・美星)における運行経路等の変更について事務局が説明後、質疑などが行われました。

傍聴していての感想ですが、協議の中で、毎回発言される委員から今回も積極的で前向きな改善点が提案されるなど、会議らしい会議になりました。会議は約1時間で散会しました。

ふれあいセンターまつり

10日10時より15時まで井原市神代町のふれあいセンターで「ふれあいセンターまつり」が開催され多くの来場者で賑わっていました。一階では「お茶席」、や軽食の「うどん」、地元婦人団体の「巻きずし」や福祉団体の「手芸品」や「せんべい」などの販売が、二階では井原市東部の6公民館が公民館活動の成果を発表するコーナー、児童生徒の習字絵画の展示(写真)、人権標語の展示、市内9カ所の福祉施設の作品展示コーナー、喫茶コーナー、市職員の「バルーンコーナー」などがあり、入場者は熱心に作品などを鑑賞していました。

井原市議会2月定例会の発言通告書を提出

8日、井原市議会2月定例会で一般質問する議員は、2月19日(火)の午前10時までに議長あてに「発言通告書」を提出することになっています。

私は2月議会でも質問を考えており、質問内容がまとまったので、提出期限からは少し早いんですが、8日の午前中に「発言通告書」を提出し、担当課のヒアリングを終えました。

この質問で平成元年6月議会の初質問以降連続120回目の質問になり、質問件数合計は744項目になります。

発言の順番は、19日の14時から開かれる議会運営委員会でくじ引きによって決まります。質問の概要は下記の通りです。

1.水道法改定に伴う井原市の対応について

このたび、水道法が改定されました。この改定は全国の自治体や住民にとって非常に深刻な内容です。
この法律の目的は第1条で、「清浄にして豊富低廉な水の供給を図り、もつて公衆衛生の向上と生活環境の改善とに寄与する」と明記されています。
このたびの改定で国は、認可や施設所有権を自治体に残しながらも運営権を民間に移すことができるようコンセッション方式の導入が簡素化されましたが、私は、これは水道民営化にほかならないと考えます。
市民の貴重な財産である水道インフラは、市が主体で健全な運営が可能となる道を目指すべきです。
厚生労働省は、コンセッション方式の導入は自治体が決めると言っています。市はこの改定で、メリット、デメリットはどんなものがあると考え、コンセッション方式の導入についてはどうお考えでしょうか。今後の本市の水道行政の根幹にかかわる重要な選択なので明確なお答えを求めます。

2.認知症の人や家族が安心して過ごせる条例の制定について

高齢化が進む中、認知症の高齢者が増加することが考えられます。認知症の人が、誤って他人に損害を与えてしまった場合、それを誰が負担するのか。認知症の人や家族にとって、大きな不安です。
そういう不安に応えるため、「認知症に対する不安のないまちづくり推進条例」を制定している自治体(愛知県大府市)があります。
本市でも認知症の人や家族の不安を少しでも払拭・軽減する意味で、認知症の人や家族が安心して過ごせる条例を制定してはどうですか。

3.道路の外側線、都市照明の総点検と改善すべき箇所の早期対応について

私はこれまで一般質問で何度か道路の外側線や都市照明の不備を指摘してきました。現在、やはり気になる不備が目につきます。
外側線については順次引き直しておられると思いますが、幹線道路で消えかかった箇所があります。また、都市照明も夜間点灯していない箇所があります。
この際、これらを総点検し、新年度で改善すべき箇所の早期対応をしてはどうですか。

4.高齢者に対する食べる力を鍛える「あいうべ体操」の導入について

年齢を重ねると餅などの食べ物が喉に詰まりやすくなるのは、食べ物をかみ砕く「そしゃく」と、飲み込む「嚥下(えんげ)」の力が弱まるからです。
食べ物が口腔(こうくう)内から喉、食道を通って胃へと運ばれるまでには、多くの器官が関わっています。舌には、かみ砕いた食べ物を喉の奥の食道へ送り込む役割があります。
この体操は食べる前に行うと効果的で、朝・昼・晩の食事前にたった10回ずつ行うだけで効果があると言われています。大きな声を出し、大きく口や舌を動かすことで、口や舌の周り、喉、首などの筋肉を鍛えることができます。
そこで、嚥下に必要な筋肉を鍛えるために、高齢者が集まる機会を利用して「あーいーうーべー」と発声する「あいうべ体操」の導入を考えてはどうですか。

5.これまでの私の一般質問に対するその後について

① 平成29年9月議会で、「家庭ごみの正しい分け方・出し方」という看板を大きくして、高齢者に見やすいものに改善してはどうですかと提起しましたが、その後の検討結果はどうなっていますか。

② 平成29年12月議会で、住宅取得に係る補助制度を持つ自治体と住宅金融支援機構が協定を締結し、移住・定住を促進してはと提起し、その後、平成30年3月1日に協定を締結していますが、この制度の周知はどうされていますか。また、現時点でこの制度の利用者は何名おられますか。

③ 平成30年10月議会で、自動車整備振興会井原支部へ応急整備の支援をお願いし、「災害協定」を結んではと提起したところ、協定締結に向けて準備を進めたいとのことでしたが、その後協定を締結しましたか。

岡山県井原地区清掃施設組合議会

7日13時30分より市役所5階会議室で岡山県井原地区清掃施設組合議会が開催(写真)され出席しました。この度の議会は、平成31年度一般会計予算の審議を行い、4億1,530万円の予算を全会一致で原案通り可決し散会しました。尚、会場に昨年10月から12月の3カ月、高梁市の一般廃棄物を受け入れたことに対して、環境大臣から表彰され、表彰状(写真)が置かれていました。

 

無料生活相談/「きずな」の印刷と仕分け

毎週火曜日定例で午前10時から12時まで井原町の事務所で「森本ふみおの無料生活相談」を行いました。

また、併せて午前中事務所で、週一で発行している『しんぶん赤旗読者ニュース「きずな」』の印刷を行い、しんぶん赤旗日刊紙はコース別に、同日曜版は支部別に仕分けしました。